03-6264-0927 受付時間:平日9時~18時(祝祭日以外の平日)

プレマネブログ

2019年03月29日

未分類

あなたにとってのチーム観は?

■チームにも色々
一概に一言でチームといいましても、チームにも色々あります。
〇勝ち癖のついたチーム
〇負け癖のついたチーム
〇ミスの少ないチーム
〇いつも同じミスを繰り返すチーム
〇チームで勝てるチーム
〇一人のスタープレイヤーで帳尻を合わせて勝つチーム
〇大負けしないチーム
〇好不調の波が激しいチーム
〇勝てるチーム
〇負けないチーム
〇強いチーム
〇弱いチーム
〇勝ちパターンを持っているチーム
〇負けパターンを押さえているチーム等色々ある
一般的に、強いチームが勝つのではなく、勝つチームが強いチームといわれます。
スポーツの世界でよく言われるのは、ミスの少ないチーム、大負けしないチーム、
勝ちパターンを持っているチーム、負けパターンを押さえているチームが
強いチームではないかといわれます。

■自分達が目指すチームとは
プロ野球の監督であった野村克也さんが言われた言葉で「勝つ試合には偶然もある。
でも負ける試合には、負ける必然性を持っているから、必ず負ける」といわれています。
チームをつくっていく上で、勝つチームをつくる考え方と、
負けないチームをつくる考え方。これはいろんな視点があります。
チームの1年間は12カ月です。チームの目標に対して、1年間12カ月、月間でいうと
12回戦の戦い方があります。1番いいのは、12勝0敗に決まっています。
実態としては、10勝2敗であったり、9勝3敗であったり、8勝4敗であったりします。
仮に8勝4敗なら、大勝ちする月もあるけれども、
大負けする月もあるということになるでしょう。
チームの戦いとして、1年間を12勝0敗でなくとも、10勝2敗でも構わない。
そのかわり、2敗の負け方を非常に少ない金額で押さえていく。
だから年間トータルしてみると、12勝0敗よりは数字的には
上回るっていうケースもあります。
一言でチームといっても、自分たちがどういうチームを目指していくのかによって、
全然とらまえ方が違ってくることをよく考えていただければと思います

■チームで勝つということ
チームで勝つために、個人として何をしないといけないのかを
日々考えてもらう事が重要である。
勝つチームは、どんどん勝っていく。負けるチームは、どんどん負けていく。
勝つチームにいるメンバーは、強い社員になっていく。負けるチームにいるメンバーは、
諦め感の強い社員になっていく。不思議なもので、最初から強いチームはありません。
勝つからだんだん強くなっていきます。それは、勝つか負けるかで、
達成感、自信、喜びの大きさが違うからです。

チームにとっての「勝つ」とは何か?
チームにとっての「負ける」とは何か?
あなたが担当しているチームには、チームメンバーの構成問題や
色々出来ない要因があると思います。
例えば目標数字が100とします。100をクリアできないから負けとする。
間違いではありません。でも本当にそれだけでいいのでしょうか?
100を狙えるチームだったら、それでいいでしょう。
しかし、どう考えても100を狙えないチームなら、100を目標にしても
負けることしかないでしょう。そうすると負け癖がどんどんついていく。
同じ負けでも、具体的根拠に基づいて95を狙う。100は無理だが、95は達成できる。
具体的に考え、動いての負けなら、次に活かせる負けとなり、チームは成長する。
そういうものも含めた上で、あなたのチームにとって、勝つとはどういう状態なのか、
負けるとはどういう状態なのかを前提として、
強いチームとは一体何かを考えていただきたい。
チームとしてのチーム観を考え、メンバーで共有化する事がメンバー育成に
つながります。