03-6264-0927 受付時間:平日9時~18時(祝祭日以外の平日)

プレマネブログ

2019年03月29日

仕事の任せ方

リーダーがメンバーに植え付ける問題解決の思考回路

■問題を多くに人に見せる工夫
問題のない会社はない。
だから、仕事は問題解決であるといわれる。
仕事では、その持ち場で発生するあらゆる課題,問題を適切に
解決していくことが求められる。そのためには,常日頃から積極的な問題意識を持ち,
実務知識を活かして状況に応じた適切な問題解決が図らなければ、
会社の発展はない。リーダーがある状況について「これは問題であり、
解決すべきだ」と考え、説明しても、メンバーから
「それは別に問題ではないのではないか?」、
「確かに問題だけれども、、もっと大事な問題があるのではないか?」といった
反応はよくある。
チームとして問題解決を実践する時に、リーダーに求められるのが
「目指す状態を共有させる事」と「現状を“見える化”にする事」です。
問題解決の思考プロセスがチームに定着すれば、
解決実行力は高まる。そもそも仕事の問題には、正解がない同じ状況でも人によって、
置かれた立場の違いや状況によって問題の捉え方は大きく異なる。
ひとりひとりが問題にしている問題を【いかに共通な問題にしていくか】という
プロセスが必要になります 。問題のない会社はどこにもない。そして問題は誰にでも
見えるわけでもない。だから、問題を多くに人に見せる工夫が必要となる。

■問題は問題を見せる事から始まる
誰かの目を通してのみ問題となるのではなく、メンバー共通の問題として
捉えられるようする。
問題の基準が共有化されなくては、何を問題とするかがバラバラになる。
基準が共有化されてこそ、現状に対しての問題を共有化できるチームに成長する。

現場でよく発生する基準に関する問題現象の5点
〇それで良いと思っていた・・・基準が不適当
〇これぐらいで大丈夫と考えた・・・基準が曖昧
〇まさかと思っていた・・・基準がない
〇うっかりしていた・・・基準どおりにしていない
〇知らなかった・・・基準を教えていない・知らない
会社は人間動物園であり、一人一人の基準の意識には差があり、
チームとして目指す目的や期待する目標をすりあわせる必要がある。
問題とは〇よくない状態〇悪い状態〇もっとよくできると思う状態
〇迷惑をかけている状態等をいう。
基本的に『目標・理想・在るべき姿』があるから、現状と比較するとギャップがでて、
問題点は生まれる。業績の良いチームの基準における特徴は〇目標〇現状
〇差額・ギャップの
3点をメンバーが業績基準として理解しているから、打つべき手がズレない。
ズレないから業績を上げやすくなる。

■問題を意識する事を高める
問題を意識には、次の4点が重要
〇そのことについての知識・経験があること(知識・経験)
〇目的や目標が何であるかを知っていること(目的意識)
〇それが自分の問題であると感じること(役割認識)
〇自分が何とかしなくてはならないと感じていること(当事者としての自覚)
組織運営とは、チームの目的・目標達成に向け、
リーダーがメンバーの力を活用して業績を上げる事。組織そのものには、
1つの共通目的・目標に向かって人の能力を結集される事が運営のポイント。
故に、組織には、人が動きやすくする為に共通の価値観が必要となる。
リーダーは組織に必要な共通の価値観を訴え続け、組織・メンバーに共通の
価値観を意識させる事が必要であり、それが上記の目標・現状・差額ギャップ。
チームの目指すものは何かという目的意識があるから,その中で自分は
何をすべきかの意識がでる。
問題のない会社は世の中に1社もない。どの会社も問題点だらけであり、
だから昨日より成長する可能性を秘めている。