03-6264-0927 受付時間:平日9時~18時(祝祭日以外の平日)

プレマネブログ

2019年03月29日

仕事の任せ方

出来るリーダーは仕事の任せ方がうまい

■仕事を任せる
できるリーダーになる為には,仕事はメンバーに任せてやらせることが必要。
いまの仕事をメンバーがやってくれれば、リーダーは「新たな仕事」「一段上の仕事」に,
時間とエネルギーを費やすことができます。出来るリーダーが部下に教える三つのこと
①集団の規範
挨拶、言葉遣い、態度、職場の規律など、社会人としてどう振る舞うべきかの
手本を示すこと。
しつけであり、比較的短期間で身につけさせる
②仕事のやり方
しつけとは異なり、すぐに身につくものではありません。順を追って課題を与え、
ある程度の時間をかけて、少しづつ「できること」のレベルを上げて
いかなければなりません
②仕事の意味を語ること
この仕事は会社の中で、どのように位置づけられるのか。それを担当するメンバーは、
会社の中でどのような役割を果たしているのか。そして、この会社で働くことで、
お客様や社会に対してどのような嬉しさや楽しみを提供しているのか。自分の体験を
語ること

■メンバーを動かすのはリーダーの力量
メンバーがやれることをメンバーに任せずに上司がやるのでは,リーダーはいらない。
できるリーダーは、「自分が今より一段上の仕事をするには,
どの仕事をだれに任せればよいだろうか」と考える。逆にできないリーダーは、
「他の人間に任せるくらいなら,自分でやったほうがよっぽど早い」と,
まるで反対の考え方をします。しかし,その割にはいつも目先の仕事に追いかけられ,
思ったほどには仕事が片付かないというのが実態。
しかし、いつまでたっても忙しさは解消されず,本質的な問題解決はできません。
忙しさにちょっと目をつぶり,あえてメンバーの指導・育成に時間を割く。
やや遠回りのようでも,結果的にはメンバーにある程度の仕事は安心して任せる事で
生産性の低いリーダーの仕事は減っていく。

■納得しなければ、人は動かない事を理解せよ
仕事を任せる場合は,「なぜ任せるのか」を相手によく理解させる必要があります。
こちらの考え方を理解し,その意図を受け入れて,同じ気持ちを持つことです。
それには,リーダーとしての説得力が求められます。任せたい仕事を示し、
何故そうするのかの理由を説明する。任せる仕事内容を詳しく説明し、
どこまでの範囲をやってもらうのかをはっきり示す。任せるだけの能力を
持っている事を理解させ、相手に実行を促す。