03-6264-0927 受付時間:平日9時~18時(祝祭日以外の平日)

プレマネブログ

2020年11月22日

人を動かす基本動作

会議とミーテイングは自分で考えて動くメンバーを育てる場所

今回は今回は会議とミーテイングの違いについて説明していきます。

会議とミーテイングの特性

〇会議は目標・方針達成の計画の内容・実践策を決めます

〇ミーテイングは目標・方針達成実践策の状況変化に対する修正・対策を決めます

最大の違いは、ミーテイングの方が現場に即しており、業績を創りだす動きに直結している点です。

だから、コミュケ―ションパイプの基本は会議を少なく・ミーテイングは多くとなります。

その中でも5分・10分のショートミーテイングを出来る会社は、コミュケ―ションがよく、業績が上がりやすくなります。

トップコメントでメンバーを納得させて動かせ

会議におけるトップコメントとは、メンバーに会議の冒頭で、チームが現状置かれている状況を説明  する事です。

全体の森を把握させ、個々の木について説明します。

チームが現状置かれている状況とは、外部環境、お客様の動向、ライバル動向、会社の状況等です   。

これを説明したうえで、チームの進むべき方向性、そして目標の重要度・優先順位を明確にして説明します。

そうすると、メンバーは部門方針そのものの背景・要因・対策の理由がわかりやすくなり、理解します。

チームリーダーの役割として、方向性を立てたうえで、知らせる機能があります。 知らせて、理解させ、納得させないと

メンバーは自分のやるべき役割を考えません。

自分で考えて動く

自分で考えないと、動きません。

結果プレイングマネージャーの悪循環スパイラルにはまり、自分でやるしかなくなり、成果はでない構造に陥ります。

状況説明は月1回の部門会議で実施。会議の検討項目の最初にチームリーダーの状況説明を入れ、時間は5分~10分ぐらいでしょう。

話す内容ポイントは、

①自分たちの状況はこうだ

②そして周りの環境はこうである

③だから、自分たちはこのように進んでいく、この3点です。

現状、周りの環境を考えて、自分たちが今月をどのように進んでいくのか?

その重点とすべき内容とその理由をメンバーに理解させる事がチームリーダーの最重要の役割となります。

 

中堅・中小企業のプレイングマネージャーの皆様のご参考になりますように・・・