03-6264-0927 受付時間:平日9時~18時(祝祭日以外の平日)

プレマネブログ

2020年11月15日

人を動かす基本動作

会議体系は3つの流れを理解し、組み立てる

今回は会議の体系について説明していきます。

≪毎月単位でやる事(基本方針と実践策の検討)≫

  • リーダー会議 ・・・基本方針検討( 毎月月初に実施 )

前月の反省と共に全社的に当月にやるべき事を業績・業務の両面から検討。その対策を検討し、

その後の各部門会議へやるべき事を伝達していきます。

 

  • 各部門会議 ・・・実践策検討(毎月リーダー会議後に実施)

前月の反省と共にリーダー会議で検討された業績・業務の両面の対策を踏まえ、各部門毎でやるべき事を

明確にして、当月の決定事項を決めていきます。

≪毎週単位でやる事(実践策の羅針盤機能とチェック・コントロール)≫

  • リーダーミーテイング ・・・実践策の羅針盤機能 ( 毎週実施30分間 )

リーダー会議・各部門会議で決めた業績・業務の対策進捗状況の把握を行い、そして月末までのやるべき事を

再確認して、全体朝礼にて社員に指示命令を行います。

  • 部内ミーテイング・・・実践策のチェック・コントロール機能 (毎週実施15分間 )

各部門会議で決めた業績・業務の両面の対策の進捗状況の把握を行い、そして月末までのやるべき事を再確認していきます。

≪毎日単位でやる事(デイリー業務の確認)≫

  • 部内ショートミーテイング・・・デイリー業務の確認

部内ショートミーテイングは毎日実施5分間。当日やらねばならない事を部門内で確認していきます。

 

中堅・中小企業のプレイングマネージャーの皆様のご参考になりますように・・・